OUR STORY

国立桜図案(クニタチサクラズアン)は東京国立市の桜通りにある小さなデザイン事務所です。

閑静な町並みと文化的な空気は国立ならでは、学生時代に惚れ込んで以来、十数年この街に親しんできました。

 

国立に住んでいると街の景観、住環境について考えさせられます。

街並みというのは建物に限らずそこに住む人々、草花、走る車など、あらゆる事物によって構成される集合体であることは言うまでもありません。

人は環境と共鳴しながら、街と調和した暮らしをするものなのでしょう。

国立に住む人々、行き交う人々は、やはり国立らしい落ち着きと美意識をもっているのだと思います。

 

駅周辺は文教地区に指定されメインストリートの大学通りでは条例により建物の色や素材等、様々なルールが決められています。

私達が作る制作物、小さなチラシやハガキ一枚であっても同様に、

目立つことを優先した独りよがりなデザインで街の調和を乱してはならないと考えます。

使用される空間、環境にさりげなく調和し、できるだけ長く存在することを目指しています。

 

国立桜図案ロゴマークについて

国立独自の地域性を活かしたクリエイションを目指し国立旧駅舎の三角屋根と名物である桜をシンボルとしました。

 

主な業務内容

・ロゴタイプ・タイポグラフィ・イラスト・キャラクター・エディトリアル・パッケージ・装丁・装画

・SPツール・広告・ポスター・各種図案・イベント映像・舞台映像・舞台美術・映画美術

 

製作環境
Mac OS
PhotoshopCS5/Illustrator CS5/InDesign CS5

Windows

PhotoshopCS6/Illustrator CS6/

 


江津匡士
Tadashi Goz

アートディレクター・デザイナー

江津匡士(ごうづただし)

 

 

 

 

 

 

 

 

1970年長野県松本市出身 国立市在住
1995年多摩美術大学デザイン科卒業後、美術家として作品を発表しながらデザイン会社、映像プロダクションに勤務。
代表作に第57回ベルリン国際映画祭正式出品作「カインの末裔」、東映アニメ「女生徒」がある。
美術家としてソニーアートビジネスオーディション、日本ビジュアルアート展、現代童画展などで受賞。東京工芸大学芸術学部、武蔵野美術大学デザイン情報学科で非常勤講師を務める。

japaga web
美術家江津匡士のサイト

 

■ 主な仕事


装丁・ブックデザイン

 

東京装画賞2013 入選

・国立文庫編集室「国立文庫」装丁
・文春文庫「泥ぞつもりて」宮木あや子 タイトルデザイン/

雄山閣「ヒタメン」 岩下 尚史著 装丁

兎月商会「夢隠蛇丸 佐伯俊男 作品控」 装丁
雄山閣「名妓の資格」 岩下 尚史著 装丁/装画
雄山閣「芸者論」 岩下 尚史著 装丁・装画
角川書店「桂子と。藤林靖晃小説集」藤林 靖晃 著 装丁/挿画
角川書店「贖いの聖者」白倉由美・大塚英志 装丁

ヒタメン
ヒタメン

映画・舞台美術

 

幻冬舎 DVD画ニメ「女生徒」原作:太宰治 監督:奥秀太郎

 作画・美術監督
第57回ベルリン国際映画祭正式出品作品「カインの末裔」監督:奥秀太郎 美術監督

ポーラーサークル「ウィーウィル蜜のジュース」監督:蔭山周 千木良悠子 美術監督
宝塚歌劇団「DAYTIME HUSTLER」 ~愛を売る男~作・演出:小池修一郎  映像デザイン
シス・カンパニープロデュース「新編・吾輩は猫である」

 出演:高橋克美 小林聡美 イラスト制作
愛・地球博 日本政府出展 J・A・シーザー群読 叙事詩劇「一粒の種」

 映像デザイン
松尾スズキ「蛇よ」映像デザイン
野田地図「走れメルス」映像デザイン
熊谷和徳「TAP MAN」舞台美術/映像デザイン
中村獅童初主演映画「赤線」監督:奥秀太郎 美術監督
宝塚歌劇団「薔薇の封印」演出:小池修一郎 映像デザイン
東宝舞台「エリザベート」演出:小池修一郎 映像デザイン
東宝舞台「モーツアルト」演出:小池修一郎 映像デザイン
中川晃教「himself」舞台美術/映像デザイン

 

太宰治 女生徒
女生徒

ゲームデザイン


ソーシャルアプリゲーム「スイーツ着せ替え★姫ジェンヌ」企画・アートディレクション ヤマハミュージックメディア

ロゴデザイン


・不二家レストラン ロゴデザイン
・財団法人 国民精神研修財団「日本のこころ」 ロゴデザイン 
・明治産業 株式会社 CI制作
・くにたち野菜ロゴマーク 最優秀賞受賞


□ その他


よしもと倶楽部、Candy stripper、弥生美術館、VIBE inc. 、

ソニック ソルーションズなどでロゴ、パッケージ、等のデザインと

アートディレクションを行う。

茶谷怜花
Chatani Reica

イラストレーター・デザイナー

茶谷怜花(ちゃたにれいか)

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県金沢市出身 国立市在住
デザイナーアシスタントを経て、2000年よりフリーのイラストレーターとなる。
児童書・絵本・雑誌の挿絵、漫画、キャラクターデザイン等。
04年~08年 日本デザイン専門学校 非常勤講師。
2012年に国立公式キャラクター「くにたち駅舎のさんかくねこ」を制作。
田村セツコ先生に師事し、可愛いを学ぶ。

 

ロマンチックアラモード
茶谷怜花のサイト

■ 主な仕事


□ 本・雑誌


KADOKAWA/メディアファクトリー「校閲ガール」宮木あや子 装
ポプラ社 「わくわく名まえうらない」「魅力・チャート&血液型診断」
「ミラクル魔女の心理テスト」「ドキドキ・プリンセスのトランプうらない」
小学館「おひさま」読み聞かせ絵本
・集英社「バイラ」特集挿画

ベネッセコーポレーション「進研ゼミ小学講座3・4年生」 星占いイラスト担当

リクルート 新潮社 実業之日本社 角川春樹事務所  他

ミラクル魔女の心理テスト
ミラクル魔女の心理テスト

その他

 

・「くにたち駅舎のさんかくねこ」が国立市公式キャラクターに選出される。 
歌姫楽団CD「クラムボンウォータードロップス 」ジャケットイラスト
フェアトレードチョコレート「まちチョコ」パッケージ

・「パラダイスキス」ゲーム・衣装キャラクターデザイン、監修

その他、モバイル占いサイト webサイトイラスト 社団法人キャラクター 財団法人ロゴ グッズデザイン など多数

 

オリジナルグッズお取り扱い店 
 Seraphim(国立市)・ブックギャラリーカフェ点滴堂(三鷹)・ヴァニラ画廊(銀座)

くにたち駅舎のさんかくねこ
くにたち駅舎のさんかくねこ

メディア掲載


リクルート社「じぶん未来net」インタビュー
玄光社 「イラストレーションファイル キャラクター 2010-11」
fair trade チョコレートイラスト掲載 読売新聞(2011.1/20)、

 毎日新聞「マイECO」
けやき出版 たまらび国立市特集にてイラストルポ掲載
立川経済新聞、yahooニュースにて展示とお仕事掲載
国立市企業誘致推進本部運営サイト

 「ビジテ!国立」にて“くに達人”掲載

くにたちまちチョコ
くにたちまちチョコ